不動産

条件の良すぎる不動産物件には注意が必要

皆さんはおとり物件という言葉を聞いたことがあるでしょうか。これは間取りや家賃等が魅力のある架空の物件を広告として載せ、お客さんを釣るというものです。このおとり広告でお客さんに不動産会社まで足を運んでもらい、そこで他の物件を紹介するのが手です。もちろん違法なのですが、ネットの不動産サイトなどを見てみると、このおとり物件が掲載されていることはよくあるので騙されないよう気をつけなければなりません。とはいえ、それがおとり物件なのかそうでないのか一見しただけでは見分けがつきません。

では見分けるにはどうしたらよいのかと言うと、気に入った物件を不動産会社に問い合わせた時に現地集合を申し出てみるのです。そもそもおとり広告の物件は架空ですから、現地集合を提案して断られるようならそれはおとり物件である可能性が高いです。逆に言えば気持ちよく現地集合を快諾してくれて、物件を案内してくれる業者は信頼して良いと言えるでしょう。

また眺め最高、業界最安値など大げさな表現を濫用した不動産会社にも要注意です。これは不当表示と呼ばれ、大げさで抽象的な表現は違法とされているのです。そんなわけでネットでお部屋探しをしていて家賃が安いわりに条件の良すぎる物件を見つけたら、不動産会社に現地集合を申し出てみてください。

recent entry

sub menu

Top